傷跡を隠すファンデーション|強力なカバー力と崩れにくさでしっかりと隠してくれる

傷跡やあざを隠すには一般的なファンデーションではダメ!

百貨店やドラッグストアなどで手に入るファンデーションは、どんなに重ねて塗ってもきれいに隠すことはできません。それは、傷跡やあざを隠すことを想定して作られていないからです。つまり、傷跡のような深い凹凸やあざのような濃い色をカバーするように設計されていないため、何を買ってもダメということです。

しかし、傷跡やあざを隠すことを専門に作られたファンデーションであれば、きれいにしかも簡単に隠すことができます。凹凸や濃い色をカバーするために設計されて作られているので、想像以上に綺麗にカバーできます。ただし、専門のファンデーションの中でも品質の善し悪しがあるので、次の3つのポイントを満たしているものを購入するのがベストな選択です。

傷跡やあざを隠すファンデーション選びの3つのポイント

第1位 隣り合うパウダー分子の隙間がなく密着性が高いもの
  • 傷跡やあざを隠すほどの高いカバー力を実現するためには、隣り合うパウダー分子の隙間をできる限りなくすことが重要です。隙間が大きければ大きいほど、凹凸や色が目立ってしまうからです。微細なパウダーを採用し、パウダー同士の密着力を大幅に高めているファンデーションを選ぶことで、パウダー同士の隙間をなくすことができます。
第2位 傷跡やあざなどの複雑な色味をカバーできるもの
  • 傷跡やあざは他の肌の色と比べて複雑な色味をしています。肌色をカバーするためだけに作られたものでは、しっかりと塗っても傷跡やあざの部分だけが目立ってしまいます。そこで、どんな色味にも対応できるように、数種類のカラーを駆使した色のマジックできれいな肌色に見せてくれるものを選びましょう。
第3位 耐水性に優れているもの
  • せっかく傷跡やあざをきれいにカバーしていても、汗を掻いたり雨に濡れてしまってメイクが崩れてしまうと台無しになってしまいます。崩れるたびに化粧直しをするというのも大変です。そこで、水を弾いてくれる耐水性に優れたものを選びましょう。汗や雨をハンカチで拭き取ってもメイクが崩れないものを選ぶと安心です。

傷跡やあざを隠すファンデーションで一番おすすめなのはこれ!

パウダー分子の密着性が高い
最新のかくはん技術を駆使し、微細化されたパウダーを使用しているので、パウダー同士の密着力が高く、隙間ができることなく、肌をカバーしてくれます。

12色のカラーを駆使してどんな色味もカバー
12色のファンデを駆使して色のマジックを生み出すことで、どんな色味でもカバーできます。あざや傷跡の部分だけが目立ってしまうことはありません。

汗や雨を完全に弾いてくれる
汗をだらだら掻いても、雨で顔が濡れてしまっても大丈夫。水分を弾く完全耐水性なので、メイクが流れ落ちることはありません。

3つのポイントをクリアした専用ファンデは「マーシュフィールド SC クリームファンデ N」だけ!





こちらもおすすめ
30代向けファンデーション人気ランキング|テクスチャー別にファンデをご紹介!